FC2ブログ


How Bright The Sky ~Diamonds in the Rough~
US Pop Rock, Pop Punk, Emo, Indie Rockバンドをメインにレビューやニュースなどを書いています。メッセージ、コメント、リンク等はお気軽にどうぞ。


Calender




Hot Topic




Featured Album




Featured New Band




New Entries




Categories


News (26)
New Releases (11)
Reviews (26)
Videos (6)
Live Reports (9)
Ivent Reports (4)
Others (7)


Recent Comment




Recent Trackbacks




Monthly Archives




Profile


Tom

Author: Tom
売れる売れないに関わらず、本物の音楽に出会いたい…好きな音楽を通して素敵な方々に出会いたい…そんなバイヤー, A&Rを夢見た元某CDショップ店員、現会社員がお送りするミュージックシーンの明日を見つめるブログです。

ローカルバンドを中心に、ワクワクするようなおもしろい音楽情報をお届けしていきます。



Contact


Name:
Mail:
Subject:
Body:



New Releases




Last FM


I've just listened Create Your Favorite Band Avatar!


Eventful




Rest In Peace




Access Ranking


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】


Visitors


free counters


Links



このブログをリンクに追加する

Search Engine




RSS




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.05.26  NoTimeFor "Dress Up To Get Down" 


NoTimeFor

< Pop Punk / Punk / Rock >
Milano, Italy

Connected!

今日は珍しくイタリアのバンド。先日お気に入りのフリーペーパー"Connected!"を読んだらイタリアンパンク特集をしていたので、これは書いておかなきゃと思ってました。忘れないうちにリリース前に書いておきます。


Vanilla SkyやThe New Story, Melody Fallなどイタリアンパンクが日本のファンベースを築いてから何年たったでしょうか。朝食はKロッグ社のコーンフレークを食べ、昼食はMドナルドのハンバーガーを食べ、夕食はアメリカ産の牛肉を…というほど食べ物も音楽もアメリカナイズされている私にとって、イタリアンパンクはこれまであまり縁のない音楽でした。

以前のUKやイタリアなどヨーロッパのパンクは、アメリカのバンドと比べると少しクセのある音だなと感じていたのですが、最近は音楽もグローバル化によって、USバンドだと思って聴いていたバンドが実はUKバンドだったりと驚くほど地域差を感じることが少なくなりました。

現在日本のパンク、エモキッズのハートを鷲掴みしているMy Last FallやThe Electric Dioramaなど新世代メロディックバンドの台頭により、イタリアンPop Punk / Emoブームが一気に押し寄せてきているなと感じます。そして今後も我先にと、続々と日本に押し寄せそうな優良バンドが目白押しです!!

…とか語っておきながらもちろん音源は持ってないです(笑)

最近のイタリアンパンクは主にRadtone RecordsやIn-n-Out Recordsからリリースされていますが、やはりInyafaceが黙っていなかった!!まさにピンポイントのリリース!!気合の入ったPVを観ると、ずっとこのバンドを追いかけていたんだろうなという気持ちがよく分かります。この激キャッチーなバンドはMelody Fall以来のスマッシュヒットをカッ飛ばしそうな匂いがプンプン漂います!!リリース前から注目しているリスナーもとても多く、満を持しての登場です!!

私も昨年から注目していました。デモ音源の"Cut Off The Movie"を聴いて彼らのメロディーセンスに驚き、イタリアンパンク新時代到来を感じずにはいられませんでした。

明らかにUS Pop Punk / Emoの影響を、特にAll Time Lowなどの影響を色濃く受けているなという印象です。おもしろいなと思うことは、そんなUSバンド達の影響を受けた音でありながら、オリジナリティのあるサウンドというかどうしても真似しているようには聴こえないんです。新曲はまさにForever The Sickest Kidsですね(笑)普通アメリカのバンドならそれで終わってしまうのですが、Andrea Fusiniのイタリア仕込みのサウンドを加味していて、「そうくるか!!」と思わず声が出てしまいそうな意外性に富んだメロディーのオンパレードに妙な新鮮さを覚えました。そんな視点から彼らを見るとイタリアのバンドっておもしろい音楽だなと思います。

「いいものは何でも取り入れる」
ステレオタイプな欧米と違ってやはり日本は柔軟性に優れた特殊な国ですね。

大幅先行リリースとなるデビュー作は5/30リリースです。心地よいディストーション加減に軽快なアップビート!!甘酸っぱい青春のエモメロサウンドにキュンキュンさせられます!!これを聴かずして今年のイタリアンパンクは語れません!!

貴公子の仮面をかぶったポップ・シーンの怪物現れる!!
Dress Up To Get Down
NoTimeFor
"Dress Up To Get Down"

Release Date: 2009/5/30
Record Label: Inya Face

[Track Listing]

1. Dress Up To Get Down
2. Parade
3. Behind The Scenes
4. Cut Off The Movie
5. We're Not Alone
6. Time Is Gone
7. Cheat Is Cheap (Forgive Is Not Forget)
8. You Say Yes
9. Into The Groove
10. Any Chance
11. Cut Of The Movie (Acoustic Version)
12. Behind The Scenes (Demo Version)



myspaceiTunes



 ←最後にポチッと押していただけたらうれしいです。
スポンサーサイト


No.46 / News / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。