FC2ブログ


How Bright The Sky ~Diamonds in the Rough~
US Pop Rock, Pop Punk, Emo, Indie Rockバンドをメインにレビューやニュースなどを書いています。メッセージ、コメント、リンク等はお気軽にどうぞ。


Calender




Hot Topic




Featured Album




Featured New Band




New Entries




Categories


News (26)
New Releases (11)
Reviews (26)
Videos (6)
Live Reports (9)
Ivent Reports (4)
Others (7)


Recent Comment




Recent Trackbacks




Monthly Archives




Profile


Tom

Author: Tom
売れる売れないに関わらず、本物の音楽に出会いたい…好きな音楽を通して素敵な方々に出会いたい…そんなバイヤー, A&Rを夢見た元某CDショップ店員、現会社員がお送りするミュージックシーンの明日を見つめるブログです。

ローカルバンドを中心に、ワクワクするようなおもしろい音楽情報をお届けしていきます。



Contact


Name:
Mail:
Subject:
Body:



New Releases




Last FM


I've just listened Create Your Favorite Band Avatar!


Eventful




Rest In Peace




Access Ranking


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】


Visitors


free counters


Links



このブログをリンクに追加する

Search Engine




RSS




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.07.31  Terra Terra Terra "Mind Like A Man, Soul Like A Child" 


Terra Terra Terra

< Rock / Indie / Pop >
Lakeland, Florida

不定期更新ですみません…せめて無駄足ついでに右にあるNew ReleaseのiPod Touchもどきでも利用してもらえたらと思います。抜けているバンドも多々ありますが…こちらのほうがせっせと更新しているような(笑)Post Hardcore/Screamo系も一応入れてますが、最近はほとんど聴かなくなりました…。素敵なブログがたくさんありますのでそちらをご覧いただければと思います。

妙に気になるバンド、Terra Terra Terra。現在New Releaseのコーナーにも入れています。はじめはなんとなく入れてみたんですが、ネタがないときにたびたび聴いていたらだんだん気になってきました。Unsignedかと思ったら"Round Kid Records"というノースキャロライナの新興レーベルからリリースされます。Philmontなどを輩出したForefrontなどのようにおそらくこのレーベルの名も今後耳にすることでしょう。レーベルと契約しているということは日本のCDショップでも発売されるのか??と淡い期待をしていますが、日本はおろかアメリカでも全然知られていないようなので置かれるかどうかは微妙なところです…どうせEPなんだろうなと思ったらフルレングスときた!!ということでさらに注目

フロリダはレイクランド出身の4人組。どうやらCCMにカテゴライズされるみたいです。2007年にセルフタイトルのアルバムをリリースしているようですが、この音源を持っている日本人は果たしているのでしょうか…。Brand New, Lovedrug, The Working Title, Incubus, Pilot Speedなどの影響を受けているそうです。エモ、オルタナ、インディーロックに限らず、幅広い音楽の影響を受けているように感じます。

ヘビロテ必至のリードシングル"Transmission Lost"に注目です。インパクトのあるピコピコシンセを全面に押し出しながら、Daphne Loves Derbyのようなオシャレコードも頻繁に顔を出すなどモダンでドラマティックなメロディーワークに仕上がっています。アコースティックのソロからは一転してオルタナ調のギターリフも出てきたりと音作りに余念がありません。個人的にはシンセサイザーを入れなくても十分勝負できるほどクオリティの高い楽曲だと思います。他の楽曲は落ち着いたインディーロックで、鍵盤も控えめな曲が多いです。う~ん、早く全曲聴いてみたい!!

個人的に注目の彼らの2ndフルレングス
"Mind Like A Man, Soul Like A Child"8/11発売です!!Mind Like A Man, Soul Like A Child

Terra Terra Terra
"Mind Like A Man, Soul Like A Child"

Release Date: 2009/8/11
Record Label: Round Kid/Bonded Records

[Track Listing]

1. Prologue
2. Paradigm
3. Transmission Lost
4. Too Far
5. Taking Her Home
6. Now You Will See Me
7. Only The Penitent Man Shall Pass
8. This Is My Associate Cornelius
9. Wrong This Right
10. The Coast Is Clear



purevolumemyspace



 <-最後にポチッと押していただけたらうれしいです
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ


No.59 / Reviews / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.22  9/2 The Downtown Fiction Release!! 


New Releases


9/2に期待の新鋭Vecca Recordsと不動の名門Kick Rock Invationの両国内レーベルから今年注目度◎のニューカマーをそれぞれリリースします!!いや~、おもしろいことになってきました!!次はKick Rock InvasionからリリースされるThe Downtown Fictionを紹介します!


9/2 The Downtown Fiction "Self Titled"The Downtown Fiction
こちらは既に数々のブログにて取り上げられており、ここ日本の早耳さんの中でも注目度の高いThe Downtown Fiction!!昨年末の"Purevolume Top 21 Unsigned Artists of 2008"に取り上げられました。う~ん、前からここにノミネートされているバンドばかり記事に取り上げているような…素敵なバンドばかりなので是非聴いてみてください。All Time Lowのライブ後にもらったKick Rock Invasionのサンプラーを聴いて契約のニュースを知り、驚きました。先日紹介したThe Goodnight Anthemと同様叩き上げのライブバンドです。なぜか同じ3人組のW-indsが頭の中をよぎったのですが、まさにキュートなルックスに女の子を中心にメロメロにさせること間違いなし!!もちろん目鼻立ちの整ったビジュアル面よりも、彼らのオリジナリティの高い音楽センスのほうがより注目に値すると思います。先日iTunesでリリースされた"Self Titled EP"の出来がすこぶる良く、私も彼らの音源を聴いて思わず惹かれました。The Goodnight Anthemが直球ならば彼らは変化球といったところでしょうか。AnarborをはじめとしたUK Rockのエッセンスが入ったバンドが最近目立ってきました。彼らもまたそれらを踏襲した飽きのこないフックに富んだ音楽を披露しています。The Bigger LightsやThe Friday Night Boysを思わせる楽曲からは、ただキャッチーなだけでなくクラシカルな奥深さやメロウな雰囲気があったり、ただのポップバンドとは一味違うオトナポップな一面が垣間見えます。EPやアルバムを通して聴くと、大方似たような曲調や展開などある程度一貫性があったりするものですが、この音源からはそれを全く感じさせないバラエティに富んだ楽曲群で、捨て曲となるような曲が見当たりません。インテリジェンスと軽快感に溢れたThe Downtown Fiction。私How Bright The Skyイチオシのバンドです!!



ところでCall The Copsをリリースして以来全く音沙汰のないBig Mouth JPNさんは一体どうしているんでしょうか…アパレルショップになってしまったんでしょうか…(笑)本物志向のレーベルだけに、今後どのバンドと契約するのか楽しみです。

 <-最後にポチッと押していただけたらうれしいです
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ


No.58 / New Releases / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.21  9/2 The Goodnight Anthem Release!! 


New Releases


今年も熱い夏フェスの季節がやってきました!!

昨年久しぶりにサマソニに参加して「夏フェスってこんなにいいものだったんだ!!」と改めて夏フェスの素晴らしさを味わうことができました。今までは出演バンドばかり気にして諦めることが多かったのですが、メンツに関係なくその場の雰囲気を楽しむことが大事なんだなとようやく気づくことができました。

というわけで今年もSummer Sonic '09に参加します!!念願のWarped Tour参戦は仕事の都合で今年も諦めることになりそうですが、来年こそは!!と友達と早くも1年計画を立てております(笑)今年行くとすれば8/14 Vancouverの1点狙いだったので、来年も同じ時期にあれば西海岸になりそうです。行きたい…じゃなくて「行くんだ!!」という強い気持ちを持つことが大事ですね。どなたかのレポがあればチェックしようと思います。

9/2に期待の新鋭Vecca Recordsと不動の名門Kick Rock Invationの両国内レーベルから今年注目度◎のニューカマーをそれぞれリリースします!!いや~、おもしろいことになってきました!!まずはThe Goodnight Anthemから紹介します!


9/2 The Goodnight Anthem "Nights To Know You"The Goodnight Anthem
まさかVecca Recordsから彼らの音源がリリースされるとは!!と正直驚きを隠せません。Lunar Fictionに続いて違う意味でまた驚かされました。こんな引き出しも持っているんですね…。本当におもしろいレーベルだと思います。Pennsylvania出身、若干20歳の若さ溢れたポップロックバンドです。以前はCapitol Riskというバンド名で活動していて、音源がKick Rock Invasionからリリースされたこともあり、日本のエモメロファンにとってはある程度知られているバンドです。その後ボーカルとギターがメンバーチェンジしたことで全く別のバンドへと変貌を遂げました。その彼らが今回Vecca Recordsと契約し、Kick Rock Invasion所属のバンドと同日にリリースされるというのは何たる偶然でしょう!!彼らの音楽はまさに"Full Of Pop Explosion!!"決して色褪せることのないPop Rock。彼らの曲を聴いて不思議と安心するのはなぜでしょうか。長年連れ添った彼女と一緒にいるような、そんな温もりのある感覚を覚えます。う~ん、音楽と異性は似ているような…(笑)決して新しいジャンルに挑戦しているわけでもなければ、真新しさを感じることもない。しかしながら彼らの気恥ずかしいほど純粋で真っ直ぐな飽くなきポップへの追求は聴いている私の胸に響くものがあります。流行のエレクトロサウンドに傾倒することなく、弦楽器のみで構成されるバンドスタイルは私好みであり、キャッチーで耳に馴染みやすいメロディー、思わず口ずさんでしまう"State To State"の青臭く甘酸っぱいサビメロに何とも清々しい気持ちにさせてくれます。後日8曲入りのEPが自主盤で発売されるようですが、国内盤は10曲入りなのでこちらの購入をおすすめします。Capital Risk時代のレア音源も入っているようです。The Years Gone By, Every Avenue, Hit The Lightsなどギターロック、ポップロックファンにおすすめしたいバンドです。

Nights To Know You (国内盤)Nights To Know You EP
↑左が国内盤です。何という粋なデザインでしょうか!!



 <-最後にポチッと押していただけたらうれしいです
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ


No.57 / New Releases / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.16  Silent Armada "Self Titled EP" 


Silent Armada

< Electro / Rock / Chinese pop >
San Diego, California

これも流行の"踊るロック"と言えるでしょうか。どキャッチーで正統派なポップロックも好きですが、最近は彼らのように一風変わった音楽が好きです。

Rockをベースに、R&B, Funk, Jazz, Reggaeなど様々な音楽の要素を融合させたバンドが目立ってきました。サイドバーのRecommendもEye Alaska, This Centuryなど現在その類のバンドを取り上げています。

カリフォルニアはサンディエゴ出身、ローカルレベルのバンドですがとても興味をそそられるおもしろい音楽をやっています。彼らについて全く情報がないので経歴など実際のところよく把握できていませんが…。

どんな音楽と評すればいいでしょうか…知識が乏しいため、私が今まで聴いてきた最近のバンドの中では似ているバンドが思いつきません…。

ジャズやレゲエなど複数の音楽ジャンルの要素が巧みにミックスされているように感じます。エレクトロなキーボードのフレーズも独創的なものを感じますし、ギターもジャズなどの影響を色濃く受けています。彼らは一体どんな音楽を聴いてきたのかすごく気になります。

加速感のあるロックから構成を変え感傷的なピアノのフレーズ #2 "Eureka" Lunar Fictionのようなファンキーなアレンジ、官能的なメロディーラインに唸らずにはいられない #4 "Disco Hand Killer" レゲエとラテン音楽が融合したようなモダンロック ※1 "Faust" スピード感、躍動感に富んだダンシングチューン ※2 Frigid など彼らの更なる飛躍に期待せずにはいられない全6曲。

このバンドの特徴として、始めは疾走感がありながらも途中で緩急を付け印象をガラッと変えたり、あえて複雑な曲構成にしているような気がします。このあたりにバンドの荒削りさや煮え切らなさを感じてしまうのですが、多岐にわたる音楽の影響を受けたメンバー達の融合なくしてこのようなポテンシャルの高い曲を作ることはできないと思います。ちょっとした音楽性のずれでいとも簡単に空中分解してしまいそうなガラス細工のようなバンドだなと感じました。
S/T EP

Silent Armada
"Self Titled EP"

Release Date: No Release Date (2008)
Record Label: Self Released

[Track Listing]

1. Power
2. Eureka
3. Cool Runnings
4. Disco Hand Killer

(New Demo)
※1 Faust
※2 Frigid


purevolumemyspace

ただ今Purevolumeにて新曲のデモ2曲を含めた彼らの楽曲をダウンロードできます。


 <-最後にポチッと押していただけたらうれしいです
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ


No.56 / Reviews / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.07.08  The Galvatrons "Laser Graffiti" 


The Galvatrons

< Rock / Electronica >
Melbourne, Victoria, Australia

Van Halen meets Queen!!
下半期のスタートを飾るニューカマーはこのバンド!!


最近おもしろいバンドがいなくてなかなかレビューが書けなかったのですが、
彼らの音源を聴いて久々に直感的にズバッ!!とヒットしました。

オーストラリアはメルボルン出身のThe Galvatrons!!最近は彼らをはじめ、オーストラリアのバンドに注目しています。Closure In Moscow, The Getaway Plan, Angelas Dishなどとてもセンシティブなバンドが多く、アメリカのバンドとはまた違った魅力を感じます。オーストラリアのHR/HMではAC/DCが有名ですが、その大御所さえも納得するほどのクオリティ!!The PoliceやDef Lepardともツアーなどで共演を果たしています。

恥ずかしいほど80's L.Aメタルを披露しているSteel Pantherもしかり、The Galvatronsもまた80年代ファッションに身を包み、懐かしくも新しい音楽を披露しています。"シンセロック"と位置づけられているとおりシンセサイザーが目立ったサウンドにメタリックなフレーズを取り入れ、時代が80年代に揺り戻しをかけているような、そんな幻想的な気持ちにさせてくれます。

#3 CassandraはVan Halenの"Jump"を彷彿させるエネルギッシュ溢れたヘビロテ必至激アンセム!!PVもこれでもかとばかりに繰り返し観ているほど超お気に入りの楽曲です。ピロピロメタリックなギターリフにシンセのピコピコ感がたまりません!!

他にもスターウォーズに出てきそうな悩殺イントロ#1 "And So They Invade..."
Queenを彷彿させるシンガロングが特徴の#2 "The First Starfighter"
現代的なNew Waveサウンドにエレキタムをふんだんに取り入れたスペイシーなピコピコチューン#5 "Robots Are Cool"

などなど80'sの魅力がたくさん詰まった全11曲!!

メジャーのWarner Music Australiaと契約しており、現時点では配信のみですが、
先日紹介したThe New Citiesと同様、後日日本でも発売されると思います。さすがメジャーと契約するだけあるなぁと感心しました。ぜひ日本でも話題になってほしいです。

Blessed By A Broken Heart, Dying Diva, Steel Pantherなどが好きな方は必聴です!!
80's HR/HMの逆襲がここから始まります!!Laser Graffiti

The Galvatrons
"Laser Graffiti"

Release Date: 2009/7/3
Record Label: Warner Music (Australia)

[Track Listing]

1. And So They Invade...
2. The First Starfighter
3. Cassandra
4. When We Were Kids
5. Robots Are Cool
6. Laser Graffiti
7. Light Speed
8. Stella
9. She's In Love
10. Molotiv Cocktail
11. Galaxy Destroyer


myspaceiTunes



 <-最後にポチッと押していただけたらうれしいです
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ


No.55 / Reviews / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。