How Bright The Sky ~Diamonds in the Rough~
US Pop Rock, Pop Punk, Emo, Indie Rockバンドをメインにレビューやニュースなどを書いています。メッセージ、コメント、リンク等はお気軽にどうぞ。


Calender




Hot Topic




Featured Album




Featured New Band




New Entries




Categories


News (26)
New Releases (11)
Reviews (26)
Videos (6)
Live Reports (9)
Ivent Reports (4)
Others (7)


Recent Comment




Recent Trackbacks




Monthly Archives




Profile


Tom

Author: Tom
売れる売れないに関わらず、本物の音楽に出会いたい…好きな音楽を通して素敵な方々に出会いたい…そんなバイヤー, A&Rを夢見た元某CDショップ店員、現会社員がお送りするミュージックシーンの明日を見つめるブログです。

ローカルバンドを中心に、ワクワクするようなおもしろい音楽情報をお届けしていきます。



Contact


Name:
Mail:
Subject:
Body:



New Releases




Last FM


I've just listened Create Your Favorite Band Avatar!


Eventful




Rest In Peace




Access Ranking


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】


Visitors


free counters


Links



このブログをリンクに追加する

Search Engine




RSS




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.11.19  Tegan and Sara "Sainthood" 


Tegan and Sara

< Indie / Pop / Alternative >
Calgary, Alberta, Canada

女性ボーカルでデュオ…最近はMeg & Diaなどそれなりに聴くようになりましたが、昔の私なら迷わず素通りしていたことでしょう。そんなカナダはカルガリー出身のIndie RockバンドTegan and Saraの6thフル"Sainthood"がすごくイイです!!はじめは新譜チェックがてら曲を聴いていたところ、しばらくすると自然と鼻歌を奏でている自分に驚きました。結成15年と、すでにベテランの域に達しているこの双子姉妹は信じられないことにまだ20代。しかしながら意外にも日本では驚くほど知られていないようです。恥ずかしながら私もこのアルバムから聴き始めました。どうやら今までは決してポップとは言えない悲哀や孤独感を感じさせるアメリカーナ調のフォークロックを軸にしていたようです。今作もDeath Cab for CutieのギタリストChris Wallaをプロデューサーに迎え、80's New Waveを思わせるシンプルなエレクトロを取り入れたりと幾分華やかなロックになりました。それでいて今までのビターなサウンドはそのままに、ミドルの強いギターなどが目立つなど、より奥行きのある楽曲群に仕上がっています。ライブ映像を観ると、ひたすらにダウンピッキングをしているところも好感をもてます。典型的で分かりやすいUSロックよりもUKロック好きの方がより食いつくかな??アルバム全体を通して聴いてみると、リードチューンの#3 "Hell"が素晴らしすぎてそれ以外の曲の印象がかすんでしまうのは否めませんが、もっと年齢を重ねればより熟成されたアルバムができそうな、これからの飛躍を存分に感じさせる作品です!!
先月はRelient KやThe Sunstreakなど質の高いアルバムのリリースラッシュとなりましたが、このアルバムも最後にこのラインナップに食い込んできました。多くのサイトが10点中8点以上と絶賛されており、いつも手厳しい論調の方もオススメしているアルバムです。重ねて言いますが、この"Hell"という曲とても中毒性の高い楽曲です!!聴けば聴くほど後からジワジワと五臓六腑に染み渡るような感じです。ただ今脳内ヘビロテ真っ最中!!みなさんも是非ハマってほしいので、いつものようにPVを流しっぱなしにしておきます♪以前のアルバムも追いかけて聴かなくては!!

Sainthood

Tegan and Sara
"Sainthood"

Release Date: 2009/10/27
Record Label: Vapour / Sire

[Track Listing]

1. Arrow
2. Don't Rush
3. Hell
4. On Directing
5. Red Belt
6. Cure
7. Northshore
8. Night Watch
9. Alligator
10. Paperback Head
11. Ocean
12. Sentimental Tune
13. Someday





MyspacePurevolumeTwitteriTunes


最後にポチッと応援お願いします


No.101 / Reviews / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2009.11.07  Jay and the Lovebirds "To The Living" 


Jay and the Lovebirds

< Christian / Ambient / Rock >
Brooks, Alberta, Canada

片翼を失った愛の鳥…。再び羽ばたけ大空に!!

最近流行の"エモメロ"と呼ばれる音楽は「キャッチーで蒼くて爽快で…」というフレーズをよく目にします。 実際そういった類のバンドが現在のロックシーンを席巻しているわけですが、私のエモメロのイメージはPopな曲調の中にどこか切ない気持ちがあったり、胸が苦しくなったり…とマイナー調で影のあるような、Emoの真意に迫るような音楽が好きです。私の大好きなJay and the Lovebirds。CanadaはAlberta出身のChristian Rock / Emoバンドです。1stフル"To The Living"は昨年とある方のサイトで唯一その年のベストアルバム候補に入っていた知られざる一枚です。最近ひとつの作品をじっくり聴くことがなかっただけに、繰り返し聴いてみてよく分かりました。普段どのバンドを紹介するにも"Emo"という言葉を敢えて使ってこなかったのですが、このバンドにはこの言葉がどうしても必要です。InfluenceなどMyspaceに載っておらず、どんなバンドの影響を受けたかは分かりませんが、曲を聴くかぎり最近のPop系のバンドの中では珍しい90's Emoをうまく融合させたロックだと思います。まだ平均20歳と若いにもかかわらず、薄暗く鬱々としたEmoの世界観をポップな曲調に逆らうことなく器用に練りこんでいます。Mineral, Sunny Day Real Estateなどの影響を存分に感じさせるクリーンなアルペジオが濃密に絡み合うツインギターによる曲展開は一級品で、また現代的オルタナサウンドで掻き鳴らすピッキングもまた切迫感を感じ、思わずう~んと唸らせてくれます。その切ない曲に乗せたDougieのクリーンで繊細なボーカルがまた一層このバンドを上質なサウンドに昇華させます。Self Against City, Hidden In Plain Viewファンも卒倒!!このアルバムのリードチューンともいえる"切なポップ" #3 "When Sunflowers Arent Around", 絶叫シャウトが初期Screamoの一端を感じさせる#9 "One Touch" をはじめ、彼らをアンダーグラウンドに留めておくのはもったいない全11曲。捨て曲皆無!!多くのEmoバンドのように聴き込めば聴き込むほど味の出る一枚です。ちなみに先日リリースされたEP "Glorious"も全くブレがない芯の通った楽曲群です。ぜひ一度聴いてみてください。


「昔のEmoが本物で、今のEmoは違う」とかそういう概念はナンセンスで、誰もが"Emo"というジャンルの範疇に違いがあります。自分が「これはエモだ!!」と思った音楽はエモだと思います。しかしながらルーツとなる90's Emoという音楽を知れば知るほど最近のエモバンドが物足りなく感じてしまうのもまたしかり。アンダーグラウンドを飛び越え、これから来るであろう流行…いや、もうすぐそこに迫っているような気がします。
To The Living

Jay and the Lovebirds
"To The Living"

Release Date: 2008/5/1
Record Label: Self Released

[Track Listing]

1. I Am Yours
2. Oh The Bed's Weve Made
3. When Sunflowers Arent Around
4. Coming Home
5. Break My Heart
6. Gabriel
7. I'm Here
8. Camp Fires, Ghost Stories, and Everything In Between
9. One Touch
10. Our Hearts to Yours
11. So Done





MyspacePurevolumeTwitteriTunes


ただ今Purevolumeにて彼らの曲をダウンロードできます♪

最後にポチッと応援お願いします


No.96 / Reviews / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.09.21  Breakers Broken "Reset EP" 


Breakers Broken

< Alternative / Electro / Rock >
Chicago, Illinois

シカゴをベースとする3ピース、Breakers Broken。Purevolumeでもアクセス数が2ケタとド新人クラスですが、やっている音楽はそこらにいるバンドよりも数段質の高い音楽です。初めはmyspaceのストリーミングで我慢しようと思っていたところ、だんだんウズウズしてきてCDが届くのを待てずに思わずiTunesで購入してしまいました!!どうやらこのバンドも兄弟でやってるんですね。う~ん、最近お気に入りのバンドが兄弟バンドばかりの私です。兄弟ってフィーリングが合うからやりやすいんでしょうね。動画を見ていても息のあったところを感じます。

彼らもSilent Armadaのようにうまくカテゴライズすることができないのですが、Rockを中心に、多くの音楽の影響をありのままに表現しています。ダンサブル、モダン、オシャレ…いろんな形容の仕方ができるほどバラエティに富んだ音楽性です。はじめ聴いたときは、同じUnsignedでアリゾナ出身のCrash Coordinatesを思い浮かべました。

Mute Math, Kings Of Leon, Muse, MGMT, Michael Jackson, The Police, Passion Pit, TV On The Radio, The Foals, Cobra Starship, Iglu & Hartly
「これらのバンド、アーティストが好きな方はオススメ」と挙がっているのですが、これを見ても「全部聴いている人はいるのか!?」と思うほどとても幅広く、逆に考えると多くのリスナーから支持されそうな音楽だと思います。ティーンズ向けというよりも、ぐっと大人の魅力を増した方々向けかもしれません。聴いているとところどころでMichael Jacksonが顔を出してきます。あとJimmy Eat Worldっぽいところも。Electro, Ambient, Funk, Indieなど多岐にわたるジャンルを見事に総称した音楽と言えそうです。

リピート確実のリードチューン!!嫌味のないエレクトロサウンド、爽快激ヤバファンキーなギターとベースに文句のつけどころがない #1 "Last Man On the Planet" ノスタルジックなギターサウンド、気品漂う煌びやかなサビメロに魅せられる #3 "When She Needs Me" クリーントーンのギター、クラシカルなメロディーラインにスケールの大きさを感じさせる #4 "Failing System"

など新人離れした超ド級のクオリティにビックリ!!の全8曲。そのうちインストが2曲あるのも驚きました。Crash Coordinatesの動画も一緒に載せておきます。あなたも宇宙気分を味わってみませんか?
Reset

Breakers Broken
"Reset EP"

Release Date: 2009/7/24
Record Label: Self Released

[Track Listing]

1. Last Man On the Planet
2. How Novel.
3. When She Needs Me
4. Failing System
5. Girl Behind the Bar(feat. A.D.D.)
6. The Climb
7. Fools and Gold
8. When She Needs Me(Extended Version)



MyspacePurevolumeTwitteriTunes


MyspacePurevolumeTwitteriTunes


最後にポチッと押していただけたらうれしいです


No.78 / Reviews / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.09.16  LAB Records 


LAB Records

< Indie / Pop Punk / Alternative >
Manchester, United Kingdum

The Auteurこのレーベルについてずっと書こうと思っていたのですが、ずっとネタ倉庫に埋まったままでした。先日のMilitiaの件を書いていたときに思い出しました。ロゴが同じシンプルな白黒だったからでしょうか。以前から気になっていたこのレーベル、先日提携しているTragic Hero RecordsからリリースされたHe is Legendが好きな方は耳にしたことがあるのではないかと思います。

その名も"LAB Records"US偏重の私ですが、このレーベルに関しては常に動向を気にしています。2007年設立、UKはManchesterをベースに置くこのレーベルは、他のインディーレーベルと比べて一際異彩を放っているおもしろいレーベルです。いつかは忘れましたが、The Auteurを初めて聴いたときはUSのバンドだと思い込み、UKバンドだと知ったときは「ついにUK Punk/EmoバンドとUSバンドの垣根が取り払われた!!」と感じました。そしてUKバンドながらも不思議とUSの匂いのする新鮮味溢れたこのレーベルに興味をそそられました。

Eat Sleep Attackおもしろい音楽をやっているバンドばかりですが、特に気になったのが"Eat Sleep Attack"ことSammy Little君。Fall Out Boy meets Holiday ParadeのようなRockにR&Bテイストを混ぜた音楽をやっています。まだDemoが1曲しかないので、今後他の曲も聴いてみたいです。Rock+R&Bは最近の流行でもあり、FearlessのEye Alaskaなどが挙げられますが、UK発ということで今後どれだけ認知されるかがとても楽しみなアーティストです。レーベルにひとつでもこういう類のアーティストがいるとレーベルの質というか幅の広さを感じます。

Mimi SoyaThe Auteurはじめ、国内盤が出るとしたらどこになるのでしょう?Inyaface??Zestone??う~ん、ワクワクしてきました♪名門レーベルが影を潜めつつある中、LAB Recordsのような新興レーベルに音楽の未来を期待せずにはいられません。この動画普通に日本語でアナウンスしてるんですが、Mimi Soyaって国内盤出しましたっけ?限定Mimiパンダをゲットした方いますでしょうか?意味不明な日本語字幕のオンパレードです(笑)


myspace



怒っているパンダ株式会社…(笑)

最後にポチッと押していただけたらうれしいです


No.76 / Reviews / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.09.10  Brittle "Chinese Whispers" 


Brittle

< Alternative / Pop / Rock >
Melbourne, Victoria, Australia

Aussie Panic! At The Disco??

なぜか最近彼らのことが頭から離れられなくなったのでここで切り離します(笑)
「オーストラリアのバンド」と聞くだけで一目置いてしまうほどAU贔屓な私です。
あまり知られていないだけで、とても魅力的な市場だと思います。

Closure In Moscow, House Vs. Hurricane, City Escapeなど"オージースクリーモ"のイメージが強いオーストラリア。しかしながらPop系のバンドもいいバンドがいる!!ということで"オージーポップロック推進大使"がご紹介するのはメルボルン出身のBrittle!!結成が2003年と、すでに中堅クラスの域に達していますが、まだ20歳という若さです。リスナーは少ないようですが、オーストラリアに置いておくのは実にもったいないバンドです。アメリカのそこらへんにいるポップロックバンドよりはよっぽどおもしろい音楽をやっています。

このEPのタイトルになっているとおり彼らの自信作と言える #1 "Chinese Whispers" Panic! At The Discoファンも思わず卒倒しそうな、躍動感に富んだ桁外れのアッパーサウンドに引き付けられます。一転して#2 "Over the Fence"ではアコースティックギターを基調とした落ち着いた曲です。昼寝をしたくなるアンニュイな午後に聴きたい曲です。#3 "Valerie"はUKインディーロックバンド、The Zutonsのカバーです。原曲よりもスピーディーなアレンジに仕上がっています。

ソリッドなUKサウンドを巧みに組み込んだ#5 "Guillotine"サビメロの掛け合いが印象的です。Self Against City, Cartelを思い浮かべる珠玉のエモメロサウンド#6 "Do It Again"空間系のエフェクトが聴き心地の良さを高めます。#1 "Chinese Whispers"に次いで魅力的な楽曲です。

この5曲だけでも彼らの奥深い世界観を感じます。「激押し!!」まではいかなくとも、及第点を軽く超えた良盤であり、もっと評価されてもいいバンドではないかと思います。今後の彼らの活躍に期待したいです。Chinese Whispers

Brittle
"Chinese Whispers"

Release Date: 2009/1/14
Record Label: Self Released

[Track Listing]

1. Chinese Whispers
2. Over the Fence
3. Valerie
4. Chinese Whispers (Acoustic)

(Demo)
5. Guillotine
6. Do It Again


purevolumemyspaceiTunes


最後にポチッと押していただけたらうれしいです


No.73 / Reviews / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。