How Bright The Sky ~Diamonds in the Rough~
US Pop Rock, Pop Punk, Emo, Indie Rockバンドをメインにレビューやニュースなどを書いています。メッセージ、コメント、リンク等はお気軽にどうぞ。


Calender




Hot Topic




Featured Album




Featured New Band




New Entries




Categories


News (26)
New Releases (11)
Reviews (26)
Videos (6)
Live Reports (9)
Ivent Reports (4)
Others (7)


Recent Comment




Recent Trackbacks




Monthly Archives




Profile


Author: Tom
売れる売れないに関わらず、本物の音楽に出会いたい…好きな音楽を通して素敵な方々に出会いたい…そんなバイヤー, A&Rを夢見た元某CDショップ店員、現会社員がお送りするミュージックシーンの明日を見つめるブログです。

ローカルバンドを中心に、ワクワクするようなおもしろい音楽情報をお届けしていきます。



Contact


Name:
Mail:
Subject:
Body:



New Releases




Last FM


I've just listened Create Your Favorite Band Avatar!


Eventful




Rest In Peace




Access Ranking


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】


Visitors


free counters


Links



このブログをリンクに追加する

Search Engine




RSS




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.11.19  Tegan and Sara "Sainthood" 


Tegan and Sara

< Indie / Pop / Alternative >
Calgary, Alberta, Canada

女性ボーカルでデュオ…最近はMeg & Diaなどそれなりに聴くようになりましたが、昔の私なら迷わず素通りしていたことでしょう。そんなカナダはカルガリー出身のIndie RockバンドTegan and Saraの6thフル"Sainthood"がすごくイイです!!はじめは新譜チェックがてら曲を聴いていたところ、しばらくすると自然と鼻歌を奏でている自分に驚きました。結成15年と、すでにベテランの域に達しているこの双子姉妹は信じられないことにまだ20代。しかしながら意外にも日本では驚くほど知られていないようです。恥ずかしながら私もこのアルバムから聴き始めました。どうやら今までは決してポップとは言えない悲哀や孤独感を感じさせるアメリカーナ調のフォークロックを軸にしていたようです。今作もDeath Cab for CutieのギタリストChris Wallaをプロデューサーに迎え、80's New Waveを思わせるシンプルなエレクトロを取り入れたりと幾分華やかなロックになりました。それでいて今までのビターなサウンドはそのままに、ミドルの強いギターなどが目立つなど、より奥行きのある楽曲群に仕上がっています。ライブ映像を観ると、ひたすらにダウンピッキングをしているところも好感をもてます。典型的で分かりやすいUSロックよりもUKロック好きの方がより食いつくかな??アルバム全体を通して聴いてみると、リードチューンの#3 "Hell"が素晴らしすぎてそれ以外の曲の印象がかすんでしまうのは否めませんが、もっと年齢を重ねればより熟成されたアルバムができそうな、これからの飛躍を存分に感じさせる作品です!!
先月はRelient KやThe Sunstreakなど質の高いアルバムのリリースラッシュとなりましたが、このアルバムも最後にこのラインナップに食い込んできました。多くのサイトが10点中8点以上と絶賛されており、いつも手厳しい論調の方もオススメしているアルバムです。重ねて言いますが、この"Hell"という曲とても中毒性の高い楽曲です!!聴けば聴くほど後からジワジワと五臓六腑に染み渡るような感じです。ただ今脳内ヘビロテ真っ最中!!みなさんも是非ハマってほしいので、いつものようにPVを流しっぱなしにしておきます♪以前のアルバムも追いかけて聴かなくては!!

Sainthood

Tegan and Sara
"Sainthood"

Release Date: 2009/10/27
Record Label: Vapour / Sire

[Track Listing]

1. Arrow
2. Don't Rush
3. Hell
4. On Directing
5. Red Belt
6. Cure
7. Northshore
8. Night Watch
9. Alligator
10. Paperback Head
11. Ocean
12. Sentimental Tune
13. Someday





MyspacePurevolumeTwitteriTunes


最後にポチッと応援お願いします


No.101 / Reviews / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2009.11.16  Cobra Starship Feat. Rio 


Cobra Starship Feat. Rio

Cobra Starship"Good Girls Go Bad"の日本版PVが先日アップされました。出演しているのはなんとセクシーアイドルのRioさん!!「Rioって誰??」と一瞬考えましたが、柚木ティナさんが改名したようですね。やっと気づきました。Rioさんとコブラに一体どんな関係が!?と詮索しましたが、どうやら偶然の出来事から出演に至ったようです。彼女がたまたまクラブで"Good Girls Go Bad"に合わせて踊っている映像が非公式にYou Tubeに流出していました。それをたまたま見たコブラが所属するワーナーの関係者が気に入って今回の日本版PVの出演依頼となったようです。

同じクラブで撮影されたPVの内容は、クラブ慣れしてなさそうな女の子が徐々に心を開いていき、最後にはアゲアゲで踊りだす!!というストーリーです。ラストでDJもやっている場面も!!お父さんが日本人、お母さんがポルトガル人とのハーフのRioさん。彼女は外国人役という設定なのでしょうか。そういった視点から見ると彼女だけが英語で話しているところも違和感なく感じます。

そしてなんとこのPV出演をきっかけにCobra Starshipのイメージキャラクターにも採用されたそうです!!彼らが来日したときはRioさんと一緒にフロアでノリノリに踊ったり…なんてことができるかも!!彼女の更なる活躍を期待しています!!

人生いつ何が起こるか分かりませんね。このブログも世界中とつながっています。
「いつかバンドのメンバーが読んでくれたらいいなぁ」なんて思ってみたり。
おもいっきり日本語ですが(笑)

本家PVのLeighton嬢よりもRioさんのほうがかわいいなと思うのは私だけでしょうか!?

『ぶっ飛んでいこうぜー!!』


こちらが出演のきっかけとなった映像です。



最後にポチッと応援お願いします


No.100 / Videos / Comment*0 / TB*2 // PageTop▲

2009.11.13  V.A. 『POWERPOP CANDY Vol.1』 


POWERPOP CANDY Vol.1私の心を掴んで離さない国内インディーレーベルVecca RecordsからまたおもしろいCDが今週11/11にリリースされました。
"Vecca版 BEYOND[THE]BLUE"といえそうな期待の新人バンドやキャリア豊富な隠れた逸材を集めたコンピレーションです。ジャンルはサブタイトルのとおりPop Punk, Powerpop, Electro Popといった耳に馴染みやすい曲のオンパレードです。ざっとラインナップを見たところ、US勢以外はほとんど知りませんでした…。とにかくマニアックすぎる!!(笑)中にはThe Wonder YearsHoliday With Maggieなど久しぶりに名前を聞く面々もちらほら…。The Wonder Yearsは来年1/26No Sleep Recordsより新譜を出す予定です。今後の国内盤はVeccaさんからリリースされるのでしょうか。ちなみに以前私が紹介したカリフォルニア出身の注目ローカルバンドTheBreakupも収録されています!!残念ながらボーカルは最近脱退したようですが…。他にもヨーロッパからはイタリアやスウェーデンをメインに、またオセアニアからもピックアップされており、「ワールドワイドにいいバンドが知りたい!!」という方にはピッタリの1枚だと思います!!う~ん…Veccaさんの世界観は本当にすごいなぁ。こんなマイナーかつバラエティーに富んだバンドを堂々とリリースする懐の大きさと、信念の深さには驚きました。ぜひ一度会って話してみたいです。『Vol.1』ということはVol.2以降のリリースも期待しています♪ジャケットのデザインもステキ!!

V.A. "POWERPOP CANDY Vol.1"
~The Very Best Of Powerpop,Pop-Punk, and Electro-Pop~

Release Date: 2009/11/11
Record Label: Vecca Records

[Track Listing]

1. Letmein 「B.L.S./ Basic Life Support」
2. The Wonder Years 「When Keeping It Real Goes Wrong」
3. The Wellingtons 「Keep Me Holding On」
4. ZOLOF The Rock’n Roll Destroyer 「The Way It Goes」
5. NEWAKE 「Graduation Day」
6. The Zoo 「Stay Until The Morning」
7. Catherine 「Famous」
8. The Breakup 「S.O.S」
9. Cars Cash Baby 「Beautiful Fall」
10. LEKKERBEKKEN 「One More Time」
11. Handsome Devil 「Ten Seconds Ago」
12. Radio Days 「Don't Keep Me Waiting」
13. ANAGOES 「Sid And Sally」
14. Holiday With Maggie 「Caught You In The Sun」
15. Darling 「Lose Control」
16. The Takeover UK 「Main Street Crush」
17. Kingston 「Round We Go」


Darling - Lose Control
ニューヨーク発。この声質とダルダル感は確かにJUDY AND MARYのYUKIにそっくり!!

MyspacePurevolume

Newake - Don't Give It Up
スペインはバレンシアから漂う懐かしい匂い…忘れかけたPop Punk魂の火を再燃させてくれます。こんな小細工なしのシンプルなバンドが以前アメリカから生まれたはずなのに、なぜ再び出てこないのか不思議です。「ギヴィラップ!!ギヴィラップ!!ギーヴィラーップ!!」
※収録されているのは"Graduation Day"という曲です。

MyspacePurevolume



最後にポチッと応援お願いします


No.99 / New Releases / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.11.11  11/11 Diary 


Jay and the Lovebirds先日紹介したばかりのJay and the Lovebirdsが少し前に解散していたようです…何か胸騒ぎがしてレビューを書いてみたら後の祭りでした…今後はそれぞれ別のバンドで活動していくようです。いいバンドにかぎって大成せずに解散していくものなんだなと切実に感じました。またひとつローカルバンドが人知れずアンダーグラウンドに埋もれていきました…これを読んでくれた人に少しでも聴いてもらえただけでもよかったなと思います。気持ちは伝わるもので、後日紹介してくれた方がいました。共感できてとても嬉しかったです。これからもJay and the Lovebirdsのように、素敵なローカルバンドに出会えたらいいなと思います。

Rest In Peace Jay and the Lovebirds…


Audrey AssadAudrey Assad
余談にするつもりはありませんが、そんなセンチな気分になったときはよく聴いている彼女の曲を。先日Switchfoot, Starfieldなどが所属するEMI傘下、Sparrow Recordsと契約を果たしたHow Bright The Sky注目の女性SSWです。Norah Jonesやアンジェラ・アキなどが好きな方にオススメです。あぁ…自然と涙が込み上げてくる…。心が洗われる美しい曲です。"Winter Snow"という曲名のとおり、だんだん肌寒くなってきた今日この頃に最適な曲です。

明日も全ての人が優しい気持ちで過ごすことができますように。





MyspacePurevolumeTwitter


最後にポチッと応援お願いします


No.98 / Others / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.11.09  Fireflies Screamo Cover 


Ocean Eyes先日Billboardで1位を獲得したOwl CityことAdam君。来日公演を今月に控えており、みなさん首を長くして待っていることでしょう。この人気ですから彼の名曲
"Fireflies"のカバーをしている人もとても多いです。その中でBeautiful Dying Dayというベルギーのスクリーモバンドのカバーを紹介します。バンド名からして「いかにも」な彼ら。原曲のイメージをむやみに壊すことなく(!?)絶叫しています。バンドのプロモーションの一環だと思いますが、おもしろいのでとりあげてみました♪オリジナル曲に関してはとりわけ言及することはありませんが、メタル寄りのスクリーモでこちらも期待を裏切ることない「いかにも」なサウンドです。他にもDJイベントなどでよくかかっているカバー曲をペタペタと貼っておきます。どうぞご覧あれ。


MyspacePurevolumeTwitteriTunes

ただ今Purevolumeにて彼らの曲をダウンロードできます♪



最後にポチッと応援お願いします


No.97 / Videos / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。